由布岳登山はどのルートがおすすめ?それぞれの登山口を解説!

由布岳は東峰と西峰の2つの峰しかなく正面登山口から分岐点のマタエまでのルートは道標がある為迷う心配はありませんが東峰から西峰を周回する「お鉢巡り」は難易度が少し高いルートとです!ここでは由布岳のルートやそれぞれに必要な所要時間をまとめました!所要時間には休憩時間は含みませんので注意ください!

スポンサードリンク


大分県にある由布岳の登山口は

「正面(南)登山口」

「東登山口」

「西登山口」の3つですが

ほとんどの登山客は正面登山口のルートを利用されています!



由布岳正面登山口は別府から車で30分程の場所

やまなみハイウェイの入り口にあります。



こちらではそれぞれの由布岳登山ルートを

難易度が高いと言われる「お鉢巡り」を含め

ご紹介していきますので順番に見ていきましょう!


由布岳登山【正面登山口ルート】



%e7%94%b1%e5%b8%83%e5%b2%b33


やまなみハイウェイ入り口にある【正面登山口】

草原のような広々とした景色が広がっています。



登山口には入山届を出すためのポストがあるので

忘れずに記入しましょう!



樹林帯を進みながら登っていくと左手に飯盛城が現れ

やがて合野越に到着します。



ここは【西登山口ルート】の合流地でもあり

合野越からマタエ分岐点に進み

ここから「東峰ルート」「西峰ルート」の二手に分かれていきます!



「東峰ルート」は比較的歩きやすいルートですが

「西峰ルート」はクライミング技術が必要となりますので

初心者であれば必ず「東峰ルート」を選択しましょう。



それぞれの所要時間の目安!

正面登山口­-合野越(50分)

合野越-マタエ(1時間)

マタエ-東峰(20分)

マタエ-西峰(20分)




由布岳登山【西登山口ルート】



%e7%94%b1%e5%b8%83%e5%b2%b3%e7%99%bb%e5%b1%b11


【正面登山口】から車で10分程離れた場所に【西登山口】はあります。



正面登山口ルートと違って

登山道が分かりにくくなっていますので注意してくださいね!



「合野越分岐点」に着いたら

見晴らしの良い飯盛ヶ城の丘にも立ち寄りましょう。



それぞれの所要時間の目安!

西登山口-合野越(1時間50分)

合野越-飯盛ヶ城(10分)

合野越-マタエ(1時間)

マタエ-東峰(20分)

マタエ-西峰(20分)


由布岳登山【東登山口ルート】



%e7%94%b1%e5%b8%83%e5%b2%b32


【正面登山口】から東に進んで

左に左折したところに【東登山口】はあります。



駐車場はありませんのでご注意くださいね!

利用者も少なくロープを使って岩を登らなければいけない個所がある

初心者にはおすすめできないルートになっています!



岩登りに慣れない方は時間がかなりかかるので

余裕を持ったタイムスケジュールを組んだ方が良いですね!



それぞれの所要時間の目安!

東登山口-日向越分岐点(40分)

日向越分岐点-マタエ(1時間)

マタエ-東峰(20分)

マタエ-西峰(20分)


由布岳登山【お鉢巡り(1時間半~)】





%e7%94%b1%e5%b8%83%e5%b2%b3


「マタエ分岐点」から「西峰」「東峰」を通って

火口の周りを一周する【お鉢巡りルート】

狭い足場を確保しながら鎖を使って進まなければならず

厳しいルートですので初心者にはおすすめできないルートですね!


まとめ!



splitshire-0274


【正面登山口】からのルートが最も安全で一般的ですが

別のルートでも違った景色が見られるので

自信のある方はぜひ挑戦してみてくださいね!



また別のルートは【正面登山口】よりややルートが分かりにくく

特に下山時は迷いやすいので気を付けてください!



また、時間の経過と共に登山道や景色は変化していきますので

必ず最新の情報を得てから登山をしましょう。



由布岳の登山道からは「九重山」「祖母山」「阿蘇山」などを見つ事が出来

「東峰」「西峰山頂」からは天気が良ければ「鶴見岳の噴煙」

「瀬戸内海の海」「別府湾」や「大分県の市街地」が見渡せます!



雄大な自然を感じながら、もし、魅力に取りつかれたならば

何度も由布岳登山にチャレンジして

登るたびに変わる景色を楽しんでくださいね^^

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です