土日や祝日の郵便局の配達業務はどうなっているの?

スポンサーリンク







郵便局は、一般的に土日が休みになっています。



一部の大都市などの郵便局では

土日も営業している場合がありますが

基本的には営業していません。



しかし、郵便局の配達業務については

どうなっているのか気になりますよね。



土日や祝日は配達業務を行なっていないのでしょうか?



そこで今回は、郵便局の配達業務は

土日や祝日はどうなっているのか紹介していきたいと思います。


土日は郵便局の配達業務に違いがある!

基本的に、土曜日はどの郵便局の配達サービスについても

通常通り行っています。



しかし、日曜日については

配達サービスの中でも

行っていない配達サービスがあるので注意が必要です。



日曜日に関しては

普通郵便だけは配達サービスを行っていません。



消印や輸送、集荷などの業務は行われているのですが

普通郵便の配達業務だけは行われていないのです。



そのため、日曜日に郵便物を届けたい場合には

普通郵便を避けるのがおすすめとなっています。


土日どちらでも配達している郵便局のサービスは?

日曜日は普通郵便の配達が行われていません。



しかし、土日関係なく配達を

行なっているサービスもあるのです。



日曜日でも配達を行なっているサービスは

「速達」「配達時間指定郵便」

「書留」「代金引換」「配達日指定郵便」

「電子郵便(レタックス)」

「レターパックプラス」

「レターパックライト」

「ゆうパック」「ゆうパケット」

となっています。



上記のサービスなら

土日関係なく配達業務を行なっているため

安心して郵便を出すことができます。


土日の郵便局の配達業務以外は?

土日の郵便局の業務としては

配達業務以外も行っています。



基本的に、土日であろうと祝日であろうと

通常の業務を行なっているのです。



土日や祝日に郵便局が行っている業務としては

消印や輸送、集荷などが挙げられます。



それらの業務については行われているため

土日や祝日にポストに投函しても

集荷や消印はされるので

消印有効期限などがある場合でも安心してください。



ただし、ポストの集荷時間は

平日と土日祝日では違うケースも多いため注意する必要があります。


祝日の郵便局の配達業務は?

土日だけでなく祝日も

配達サービスによっては配達業務が行われません。



祝日に配達が行われない郵便局のサービスは普通郵便となっています。



日曜日と同様、祝日は

普通郵便のみ配達業務が行われていません。



ただし、消印や輸送、集荷などの業務関しては

行われているとのことです。



そのため、祝日に届けたい郵便物を届けたい場合には

普通郵便以外で配達してもらうのがおすすめです。


普通郵便も祝日に配達されるときがある!

ここまで紹介してきたように

基本的に普通郵便は日曜日・祝日については

配達業務が行われていません。



しかし、実は例外が存在しています。



普通郵便でも1月1日のみは

祝日でも配達業務を行なっているのです。



その理由は、年賀ハガキがあるからです。



年賀ハガキの配達を行わなければならないため

1月1日だけは例外的に祝日でも配達業務を行なっています。



また、ゴールデンウイークも場合によっては

例外的に配達するケースがあるようです。


まとめ

今回は、郵便局の土日祝日の配達業務を中心に

ご紹介してきました。



土曜日は、郵便局の配達業務をすべて行なっています。



しかし、日曜日・祝日については

普通郵便の配達業務を行なっていません。



ただし、「速達」「書留」「レターパック」

などの配達業務は行われています。



そのため、少しでも早く郵便物を届けたいなら

普通郵便ではなく、速達やレターパックなどを利用するのがおすすめです。



また、こちらでは郵便に関する

様々な情報をまとめていますので参考にしてください!

➡郵便にまつわる情報まとめ①

➡郵便にまつわる情報まとめ②

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク