速達なら東京から大阪間はどれくらいの日数で届く?翌日に届けるには?

スポンサーリンク







少しでも早く郵送したいなら

速達にするのがおすすめですが

速達のオプションを付けることで

できるだけ早く届けることができます。



主要都市である東京-大阪間でも

速達にすることで届けられる日数が異なるようです。



そこで今回は、速達にした場合の

東京-大阪間で届く日数を詳しくご紹介していきたいと思います。


速達で東京-大阪間の届く日数は?

速達のオプションを付けた場合

東京-大阪間は差出時間によって届く日が異なります。



午前中に速達で出した場合には翌日午前に届くようです。



また、午後に速達で出した場合には翌日午後に届くようになっています。



午前・午後のどちらに出したのかで

届く時間が異なるため

できるだけ早く届けたいなら

午前中に出すのがおすすめです。



また、ポストに投函した場合は

集荷時間の関係で午前中に出しても

午後扱いになる可能性があります。



そのため、確実に午前中に出したいのなら

郵便局の窓口で速達として出すのがおすすめです。


速達ではなく普通郵便での東京-大阪間はいつ届く?

速達ではなく、普通郵便として出した場合の

東京-大阪間で届く日数もご紹介しておきますね。



普通郵便でも、差し出し時間が

午前・午後によって異なります。



午前の場合、東京-大阪間は翌日に届けられるようです。



午後の場合、東京-大阪間では翌々日になってしまいます。



そのため、午前中に出した方が1日分早く届くため

速達でない場合でも午前中に出すのがおすすめです。



ちなみに、午前の差し出しとして扱われるのは

郵便局の窓口12時までとなっています。



そして、午後の差し出しとして扱われるのは17時までであり

17時以降は翌日午前の差し出しとして扱われるので要注意です。


東京-大阪間は速達なら半日ほど早くなる!

結局、東京-大阪間では速達のオプションを付けることで

約半日ほど早くなることがわかります。



午前中の差し出しは

速達は「翌日午前」で普通は「翌日」です。



午後の差し出しは

速達は「翌日午後」で普通は「翌々日」となります。



午前・午後のどちらの差し出しにしても

東京-大阪間では約半日ほど早くなるのです。



そのため、できるだけ早く届けたいのなら

速達のオプションを付けるのがおすすめとなっています。


速達にするメリット!

速達のオプションを付けるメリットとしては

日曜日・祝日も配達していることが挙げられます。



普通郵便の場合

基本的に日曜日・祝日は配達していません。



しかし、速達のオプションを付けることで

日曜日・祝日も配達してもらうことが可能となるのです。



そのため、配達日が日曜日・祝日に重なってしまう場合でも

速達のオプションを付けておけば安心ですね。



この点からも、速達のオプションを

付けるのがおすすめとなっています。


速達で東京-大阪間以外の日数の調べ方は?

ここでは、速達のオプションを付けた場合の

東京-大阪間の日数を紹介しました。



しかし、東京-大阪間以外の

日数を知りたい方もいるでしょう。



その場合は、郵便局のウェブサイトにある

「お届け日数を調べる」

を利用することで、届く日数を調べることができます。



使い方は簡単で、「差出元の郵便番号」

「あて先の郵便番号」を記入し

「検索開始」をクリックするだけです。



すると各種サービスのお届け日数が表示されるため

速達のオプションを付けた場合の欄をチェックしてください。


まとめ

東京-大阪間は、速達のオプションを付けることで

約半日ほど届く日数が早まります。



そのため、少しでも早く届けたい場合

速達のオプションを付けるのがおすすめです。



また、速達のオプションを付けることで

日曜日・祝日でも配達してくれるメリットがあります。



ですから、東京-大阪間で郵便物を早く届けたいなら速達を利用しましょう!



また、こちらでは郵便に関する

様々な情報をまとめていますので参考にしてください!

➡郵便にまつわる情報まとめ①

➡郵便にまつわる情報まとめ②

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク