簡易書留の最短到着日数は?速達やオプションで時間指定も可能?

スポンサーリンク







郵便局の配達サービスの1つが書留です。



実は、書留には

「簡易書留」

「現金書留」

「一般書留」の3種類があります。



なかでも簡易書留は、一般書留よりも安い料金のため

使い勝手の良いサービスとなっています。



そんな簡易書留ですが

気になるのが最短到着日についてです。



そこで今回は、簡易書留の郵便サービスを利用した場合

到着日はいつになるのか?

到着日を早める方法についてご紹介していきたいと思います。


簡易書留の最短到着日は?

簡易書留の最短到着日は翌日となっています。



とは言え、すべてのエリアに1日で

到着するわけではありません。



基本的には、翌日・翌々日に到着するのが一般的であり

差し出しをしたエリアと届け先によって

到着日は変わるのです。



また、台風などの悪天候や道路情報によっては

到着日が遅れる可能性もあります。



いずれにしても、簡易書留の到着日は

場所によって異なりますが最短到着日は翌日となっているのです。


簡易書留の到着日を早める方法!

簡易書留の到着日を少しでも早める方法があります。



その方法とは

簡易書留に速達のオプションを付ける方法です。



実は、簡易書留は速達のオプションを

付けることが可能となっています。



そのため、少しでも到着日を早めるためには

速達のオプションを付けるのがおすすめです。



ちなみに、簡易書留に速達のオプションを付けることで

ほとんどのケースで翌日が到着日となります。



ただし、翌日に届けられるようにするためには

17時までに郵便局で差し出す必要があります。



17時を過ぎてしまうと

翌日到着が難しくなる場合があるため

できるだけ17時までに差し出すようにしましょう。


簡易書留の到着日を調べる方法!

簡易書留の到着日は

郵便局のホームページから確認することができます。



郵便局のホームページの

「お届け日数を調べる」から

到着日をチェックすることが可能です。



チェック方法は簡単で

同ページの

「1.差出元の郵便番号」

「2.あて先の郵便番号」を記入し「検索開始」をクリックします。



すると、郵便サービスごとのお届け日数が表示されるため

そこからチェックしてみてください。


簡易書留の到着日は土日祝日もある?

簡易書留の配達は平日だけでなく

土日祝日も行われています。



そのため、簡易書留の到着日が

土日祝日になることはあり得ます。



郵便局の配達サービスにおいて

日曜日・祝日に配達されないのは普通郵便のみです。



簡易書留は、土日祝日も問題なく配達されるため

安心して簡易書留を差し出すようにしましょう。


簡易書留の到着日は指定できる?

簡易書留は、速達のオプションだけでなく

配達日指定のオプションを付けることが可能です。



そのため、配達日指定のオプションを付けることによって

簡易書留の到着日を指定することができるのです。



また、簡易書留は配達時間の指定も

オプションを付けることで可能となっています。



ちなみに、指定できる時間帯は

「8時~12時頃」「12時~14時頃」

「14時~19時頃」「19時~21時頃」となっています。



配達日や時間の指定がある場合には、オプションを付けるようにしましょう。


まとめ

簡易書留の最短到着日は翌日となっています。



しかし、差し出す場所と配達エリアによっては

翌々日になることもあります。



基本的に、簡易書留の到着日は

翌日もしくは翌々日となっているのです。



また、簡易書留は速達のオプションを付けることができるため

少しでも早く配達してほしい場合には

速達のオプションを付けてみてください。



さらに、簡易書留は到着日や配達時間の指定も

オプションを付けることで可能です。



このように、簡易書留は使い勝手が良いので

ぜひ用途に合わせて利用してみてくださいね。



また、こちらでは郵便に関する

様々な情報をまとめていますので参考にしてください!

➡郵便にまつわる情報まとめ①

➡郵便にまつわる情報まとめ②

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク