靴の横幅がきつい!失敗しない靴の選び方とは?

スポンサーリンク




とても可愛い靴を見つけて買ってはみたものの

サイズは合っているのに横幅がきつく履けなかった・・・!



という経験がある方も多いのではないでしょうか?



実は靴を選ぶ際には、○○cmというサイズだけでなく

足の長さや横幅なども把握しておく必要があります。



ここでは靴選びを失敗しないために

正しい足のサイズの測り方や

万が一靴の横幅がきついと感じた時の

対処方法についてご紹介していきたいと思います。


正しい足のサイズの測り方とは?

自分の足に合う靴を探す際には

自分の足のサイズを正確に知っておくことが大切です。



ここでは、足の正確な計測方法について述べていきたいと思います。



測る必要があるのは足長と足囲です。

それぞれの測り方について説明していきたいと思います。

1)足長を測る

足長はかかとから足の指の一番長い所までの長さです。



足の一番長い指は人によって違うので

自分の足をよく見てから測定しましょう。



測り方は紙の上に立ち

かかとの最も出っ張った部分と

足の指の一番長い部分を紙に印をつけて長さを測るとよいでしょう。


2)足囲を測る

足囲は足の横幅の最も広い部分を測ります。



基本的に親指の付け根の骨の出っ張った部分と

小指の骨が出っ張った部分を通ってぐるっと一周させて計った寸法が足囲です。


自分の足のタイプを知っておこう

実は人間の足は指の長さなどによって

3つのタイプに分かれることをご存知でしょうか?

自分の足のタイプを知っておくと

靴選びをする際にも参考になります。



ここでは3つのタイプの特徴をそれぞれご紹介していきたいと思います。

エジプト型

エジプト型は親指が最も長く

人差し指から親指にかけて

なだらかなカーブを描く形状している足の形を表しています。



日本人の約70%がエジプト型で

現在最も多い足の形であると言われています。



重心が外に傾きやすいという特徴があり

外反母趾になりやすい傾向にあります。



ですのでエジプト型の足のタイプで

ハイヒールを履く機会の多い女性は特に注意が必要です。

ギリシャ型

ギリシャ型は親指よりも人差し指が長く

日本人の約25%がギリシャ型であると言われています。



全体的に余裕のある靴を選ばないと

人差し指が曲がったままの状態になってしまう恐れもあるので注意が必要です。



それだけではなく指が固定されていたり

圧迫されている状態が長引くと魚の目やタコができる原因にもなってしまいます。


スクエア型

スクエア型は親指から小指までほぼ同じ長さの足型を指します。



日本人の約5%がこのスクエア型であると言われています。



体重が全ての指に均等にかかるので

エジプト型やギリシャ型と比べて指への負担は少ないようですが

指の間に魚の目ができやすいとも言われています。


靴の横幅がきついと感じた時の対処法とは?

せっかく購入したのに靴の横幅が

きつく履けないという方のために

ここでは靴の横幅がきついと感じた時の

対処法について述べていきたいと思います。


シューズストレッチャーを使用する

シューズストレッチャーは

靴の横幅や縦幅などを拡げる際に用いられる専用の器具です。



使い方はとても簡単で、ストレッチャーを靴の中に入れ

強めにハンドルを回すと横幅が

ネジを強めに締めると縦幅が拡がります。



そのままの状態で1日から2日ぐらい放置しておきましょう。



シューズストレッチャーは男性用と女性用があり

ネット通販などでも購入できます。


ドライヤーを使用する

まず薄手の靴下なら2枚から3枚

厚手の靴下であれば1枚から2枚履きその上から靴を履きます。



それからドライヤーを温風にした状態で

伸ばしたい部分にドライヤーを当てます。



同じ場所に長時間温風を当て続けると

靴を痛めてしまう可能性もあるので注意しましょう。



アクセサリーやナイロン製の靴などは

熱に弱いので特に注意して行いましょう。


まとめ

私も経験がありますが

せっかく気に入って購入した靴の

横幅が小さかったらやはりショックですよね!



反対に大きくても問題ですが・・・



そんな失敗がないよう自分の正確な

足のサイズや形などを知っておきましょう。



また靴の横幅を拡げる方法をあらかじめ知っておけばなおよいですよね。



靴は毎日使用するものですので

使っていてストレスのない

履き心地の良いものを選びましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最大75%OFF!テーマパークをお得に楽しむならこれ!
スポンサーリンク
スポンサードリンク