パンプスが大きくて脱げる!そんな時に一番いい対処法とは?

スポンサーリンク




パンプスはフォーマルな場やおしゃれをする上では欠かせないアイテムです。

色や形など種類もさまざまで靴屋に行って選ぶのはとても楽しいですよね。



ただ意外とサイズ選びが難しく

店で試着した際はちょうどよかったのに

家に帰って履いてみたら少し大きかった!

という経験をされた方も実は多いのではないでしょうか?



また最近はネット通販などで靴を購入する機会も増えてきています。



自分のサイズの靴を買ったはずなのに

履いてみたら大きかったというのもよく耳にします。



ですがせっかく気に入って購入した靴であればやはり履いて歩きたいですよね。



ここではそんな方のためにパンプスが大きくて脱げてしまう際の対処法や

脱げないように調整する方法についてご紹介していきたいと思います。


パンプスが大きくて脱げる時の対処方法「家にあるものを使う」

まずここでは大きいパンプスをすぐ履きたいという方のために

家にあるものでできる対処法をご紹介していきたいと思います。

カバーソックスを履く

これは私自身もよく利用する方法です。

浅めのカバーソックスであれば

パンプスを履いても見えずパンプスの大きさをカバーすることができます。



カバーソックスを履く際はストッキングの上からでも素足でもどちらでも大丈夫です。



またカバーソックスを履くと大きさをカバーするだけでなく

滑り止めの役割も果たしてくれますし、汗対策にも効果があります。


靴ずれ防止のためあらかじめ絆創膏を貼っておく

パンプスのサイズが大きいと靴ズレを起こす可能性があります。

ですので事前に足に絆創膏を貼っておくことをおすすめします。



貼る部分は親指や小指の付け根

小指の側面など靴を履いた際に

擦れやすいと思われる部分に貼っておくとよいでしょう。



特にかかとがパカパカして脱げるという場合は

かかとにも絆創膏を貼っておくとよいかもしれません。


便利グッズを使用したパンプスが大きくて脱げてしまう際の対処法は?

パンプスにつま先用のインナークッションを詰める

つま先用のインナークッションは足にも優しく

抗菌、蒸れ対策なども万全なので特に夏にはおすすめです。


中敷きを敷く

パンプスの中敷きは靴屋はもちろん

雑貨店や100円ショップなどでもさまざまな種類のものが売られています。



またパンプスの足裏全体の中敷きだけではなく

つま先用、土踏まず用、かかと用など

自分の用途に合わせた中敷きを探してみてください。



またパンプスに中敷きを入れることによりサイズ調整だけでなく

中敷きが衝撃を吸収してくれるので

足が疲れにくくなるというメリットもあります。


シューズバンドを使用する

パンプスが大きく脱げやすい場合は

足の甲をストラップのように抑えてくれる

シューズバンドを使用するのも効果的です。



シューズバンドを目立たないようにしたいという場合には

透明のシューズバンドもありますし

色々なデザインのシューズバンドもあるので

パンプスに合わせて選ぶのも楽しいですよね。



100円ショップなどにもさまざまな種類の

シューズバンドが揃っているのでぜひチェックしてみてくださいね。


滑り止めを貼る

パンプスのサイズが思っていた以上に大きかった場合は

足が靴の中で移動しないように滑り止めを中に貼るのもよいかもしれません。



滑り止めとつま先の詰め物を一緒に使えばより効果が期待できます。



例えば透明なジェルタイプのものなら靴を脱いでも目立ちにくいですし

弾力性があり足にも優しくフィットし

あしが疲れにくくなるというメリットもあります。


まとめ

せっかく買った靴が大きくて脱げやすい

またかかとがパカパカするなどの場合は

つま先用の詰め物や中敷き滑り止めなどをうまく利用し

少しでも快適に履けるように工夫してみましょう。



お気に入りの靴はやはり長く大切に履いていきたいですよね?



そのためには靴ズレなどを起こさないような工夫も行い

ファッションの一部として楽しめるようにしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

最大75%OFF!テーマパークをお得に楽しむならこれ!
スポンサーリンク
スポンサードリンク