50代になったら何を着ればいいの?服装のポイントをご紹介!

スポンサーリンク





女性はいくつになってもおしゃれがしたいものですよね。

そんな気持ちは50代になっても変わるものではありません。

そして50代だからこそできる着こなしもあるはずですし、さりげなくおしゃれに周りの50代に一歩差をつけたい!なんて思うけど実際にはどうすればよいのでしょうか?

また少し華やかで派手すぎない、おしゃれな服装とは一体どんなものなのでしょう?

そこで今回は、アラフィフと呼ばれる50代に最適な服装の選び方と、着こなし方をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


50代になったら何を着ればいいの?

以下では、50代にふさわしい服装のポイントについて述べていきたいと思います。

原色もOK!

赤や黄色などの原色のシャツや大きな花柄や水玉模様の服装は、いくつになっても女性の憧れですよね。

しかし50代になり、なかなかこういった服装ができなくなった、と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

アラフィフ世代となった今、あまり派手な装いをして周囲から浮いてしまっても困る、実はそんな風に考えてしまう女性は少なくありません。

確かに、原色と蛍光色の組み合わせや、派手な色や大きな柄などの洋服を何も考えずに着てしまうと、悪目立ちしてしまう可能性もあります。

でも服装のどこかに、そんな華やかさをさりげなく取り入れられたら嬉しいですよね。

そんなアラフィフ女性のために、ここでは具体例を挙げて50代の服装について見ていきたいと思います。

赤や黄色、青などの原色の服装にはデニムがおすすめ!

例えば原色である赤のカットソーを着たい場合は、どんなアイテムを合わせるよいのでしょうか。

セットアップのように下半身にも赤を持ってくる、それとも無難に黒や白のスカートやパンツにするなど、さまざまな組み合わせが考えられます。

どうしても原色や派手に見られがちな色をトップスに持ってくる場合、ついつい黒や白のパンツを選んでしまいがちよね。

しかし黒や白のスカートやパンツを合わせるとかえって派手な印象を持たれやすくなり、色味としてはやや強めになります。

実は、こういった原色を中和してくれるという意味でもぴったりなのがデニム生地なんです。

ジーンズでも良いですし、もちろんジーンズ生地のスカートでもよいですよ。 

また、デニムの生地は薄めよりもインディゴのような濃い色を選ぶと、周りに上品な印象を与えることができます。

短い場合はこのまま、丈が眺めの場合はウエストにインして着ると面積が小さくなり悪目立ちしなくなります。

明るい色は暗い色よりも顔映りが良く、若々しい印象になるのでぜひ取り入れてみてくださいね。


花柄や水玉柄を選ぶ際のポイントは?

50代になったからと言って、無地の服ばかりではつまらないですよね。

柄ものにだって挑戦したい、そんな方は思い切って大きな柄が洋服を選ぶことをおすすめします。

実は柄物の洋服は、小さく控えめに柄が入っていると、無地よりもさらに地味に見えてしまうことが多いのをご存知でしょうか。

ですから花柄や水玉であっても大きな花や水玉があしらわれている洋服を選ぶと、華やかでおしゃれに見えますよ。

パンツやスカートに原色や柄ものを持ってくる場合は?

ジーパンやタイトスカートも良いですが、50代になってもたまにはふんわりとした可愛らしいスカートをはきたいですよね。

例えばスカートをはきたいと思った場合は、どのような着こなしにすればよいのでしょうか。

アラフィフの方がスカートをはく場合は、シルエットと長さに気を付ける必要があります。

スカートをはく際に足首までが隠れるようにできているマキシ丈を選ぶと、柄や色が強く出すぎてしまいます。

おすすめなのは、ふくらはぎ少し隠れるくらいのミモレ丈のスカートです。

また、ふんわりしたシルエットよりは、腰やおしりがスカートの中で泳ぎすぎない程度のサイズ感にすることもポイントです。

そうすると歩くたびにふんわりと揺れるスカートの裾が、さりげなくおしゃれですよ。

またパンツに原色や柄持ってきた場合は、柄ものにはネイビーやアイボリー、原色にはデニム生地のものなどを合わせると、おしゃれに着こなすことができますよ。

スポンサーリンク


さいごに

50代の方がカットソーなどに原色や大きな花柄をあしらった服装をすると、華やかでおしゃれですよ。

またデニムなどと合わせると、一層おしゃれ感がアップしておすすめです。

50代になったら、むしろ今まであまり着たことがないような色や柄の服装にチャレンジしてみてもよいかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする