40代の共働き夫婦の貯金額・平均年収は?具体的にお金を貯める方法とは?

スポンサーリンク




40代に入ると老後が気になってくることもあり、自分の家の貯金額が一般的に見て多いのか少ないのか、気になってくるのではないでしょうか?

しかしなかなか周囲に訪ねることも難しいですよね。

そこでここでは、40代共働き夫婦の平均年収と貯金額、また具体的にお金を貯める方法についてもなどを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


40代共働き夫婦の平均年収は?

ある調査によると、夫婦二人ともフルタイムで働いている家庭の平均年収額は、約1010万円でした。

妻がパートタイムの場合は、配偶者特別控除の上限103万円の収入と仮定した世帯年収は690万円です。

ちなみに妻が専業主婦の家庭では、平均年収は541万円でした。。

40代夫婦の平均貯金額は?

40代夫婦の平均貯金額は815万円です。

ちなみに前年代の平均貯金額は776万円なので、40代共働き夫婦は平均額を上回っていることがわかります。

40代共働きで貯金なし?

ただ、毎月一定額を貯金に回している方がいる一方で「貯金していない」という方が30%もいました。

近年では晩婚や高齢出産化が進んでいるため、40代に入ってからも出産や育児などで出費が増えたという家庭も少なくないと思われます。

40代世帯の平均貯金額は815万円でしたが、これはあくまで全体を通しての平均額であり、年齢を重ねるほどに収入の高低差は広がるため、貯蓄額にも差が見られる傾向にあると言えます。

実際に50代になっても30%以上の家庭が世帯が貯蓄0円であるというデータもあります。

40代の間は、子どもにかかる費用がまだまだ多額になる家庭も多いでしょう。

しかしいつまでも貯蓄0円では不安ですよね。

年金支給年齢の上昇や支給額の減少を考えると、やはり貯金はしておきたいですよね。

スポンサーリンク


40代共働き夫婦が貯金する方法とは?

これから子育てにお金がかかる40代夫婦は、どのような方法で貯金をしていけば良いのでしょうか?

40代前半で子どもがいる共働き夫婦の場合、出産時期によって貯金しておきたい金額が変わってきます。

出産が遅く、まだ子どもが小さい場合は、少々多めに貯金額を定めておくなど、将来の出費を考えた貯金予定を立てていきましょう。

もしマイホーム購入を考えている場合は、無理のない返済予定や頭金を算定してくださいね。

また40代後半になってくると、残りの子育てにかかる費用はもちろん、自分たちの老後を見据えた貯金も始めておきたいところです。

どの程度の額の貯金額が必要なのか、一度ファイナンシャルプランナーに相談してみても良いでしょう。

具体的な貯金の方法は?

貯金するためには、まず現在の家計の把握と見直しが重要です。まず現在の家計の収入と支出を家計簿などにまとめてみましょう。

レシートを写真で取り込むだけで簡単に家計が管理できるスマホアプリもありますから、活用してみてくださいね。

見直す部分としては、まず現在の余分な支出を減らしていきます。

また、電気や通信などの契約プランの見直しで節約できる場合もありますからそれぞれ確認してみましょう。

目標貯金額と家計の現状から、いらない支出はなるべくなくしていくよう努力しましょう。

また、自動積み立てなどで強制的に預金してしまう方法も大変有益で、強制的に貯金額を手元からなくす事で、残ったお金で家計をやりくりすることができます。

40代で株式や投資信託も

40代になると、株式や投資信託の額が30代に比べてそれぞれ飛躍的に伸びています。

収入が増え、投資に回せる余裕が生まれる人が多いことが要因のひとつといえるでしょう。

これまであまり投資に興味がなかった人も、老後や今後必要となるお金を考え、増やして貯めることを意識し始める時期であるとも言えます。

スポンサーリンク


計画的に貯金しよう

40代は子育てなどにもまだまだお金がかかる時期でもあります。

しかし自分達の老後も見据え、しっかり一定額を貯金しておくことも大切です。

世間では昭和41年生まれの人から年金の支給が65歳からと年齢的にも引き上げられていますから、会社を定年した時から年金がもらえるまでの期間についても考えておくべきでしょう!

毎月少しずつでも貯金できるよう、一度家計を見直してみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする