雑談するのが苦手!相手を楽しませるトークが身に付く3つの方法とは?

スポンサーリンク





誰とでも気軽に雑談することができたら、仕事面でプライベートでも人間関係を築くのに有利に働き便利ですよね。

「相手を楽しませるような雑談ができるようになりたい。」

こんな風に思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、実はこの雑談トークがなかなかうまくできないという方も意外と多いのが現状のようです。

特に初対面の方との会話がなかなか弾まず気まずい思いをしたことがある、という経験を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな雑談が苦手という方のために、雑談術を身につけるための3つのコツや雑談を盛り上げるリアクションなどをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


雑談が苦手でも気軽なトークが身に付く3つのコツとは?

雑談は本来、その場の空気を和らげ、相手との距離を縮めるためにするものです。

難しい技術が必要なわけではありませんが、ちょっとしたコツは必要かもしれません。

そこでここでは、雑談術のコツについて述べていきたいと思います。

まず挨拶をして相手の警戒心を解く

挨拶は人と人とのコミュニケーションの基本です。

「こんにちは」「お久しぶりです」というようなそれぞれの相手に合わせた挨拶をする、また相手と目が合った際にニコッと微笑んで会釈するだけでも相手は警戒心を解いてくれます。

挨拶は「あなたと打ち解けたい」「敵意はないので警戒する必要はありませんよ」という意思表示でもあり、雑談のきっかけにもなります。

相手の話を聞いてあげる

雑談により相手との距離を縮めて話すためには、身近な話題をきっかけとして持ち出すことも大切です。

まずは「今日は良い天気ですね」「ご家族はお元気ですか」という当たり障りのない話題から入り会話を進めていきましょう。

またその際に大切なのは、自分はどちらかというと聞き役に回る、という点です。

人間は自分の話を熱心に聞いてくれる人に好感を持つものです。

聞き上手は雑談術の基本中の基本であるとも言えます。


良いタイミングで相づちを打つ

雑談する中で大切なのは相づちです。

せっかく雑談しても相手に何の反応もなければ、話す方も苦痛になりお互い気まずい空気になってしまいますよね。

実は相手からのよい反応と相づちがなければ、相手は気持ちよく話すことができなくなってしまうものです。

良いタイミングで相づちを打つだけでも雑談は成立します。

また相手の話を途中で遮ったり、否定的な発言をしないことも大切なのはポイントとなります。

雑談が苦手でもできる場を盛り上げるリアクションとは?

雑談する上で何らかのリアクションすることはとても大切です。

あまり大げさでなくてよいので、相手の話すことに対してリアクションしてみましょう。

具体的な例を挙げると、微笑んだりうなずいたり、身を乗り出して話を聞いたりすると話をしている相手をよい気持ちにさせるようです。

また、微笑むことはあなたに好感を持っていますよということを表し、うなずくことはあなたの話をしっかり聞いていますよという意思表示となり、また身を乗り出すことはその話に興味を示しているというサインにもなります。

これらのリアクションをうまく利用し、楽しく雑談できるように心がけましょう。

スポンサーリンク


まとめ

実は雑談が苦手、という方は意外と多いようです。

雑談する際にはまず挨拶をすることで相手の警戒心を解き、話を熱心に聞いてあげたりよいタイミングで相づちを打つことで、うまく話をつなげていくようにしましょう。

また相手の話に対するリアクションもとても重要です。

雑談で相手との距離を縮め、自分も楽しんで話せるようにコミュニケーションをはかっていきましょう。

そして、笑顔を見せるという事は一番大切で、笑った表情は「あなたを受け入れていますよ」というサインとなります。

雑談がうまく弾まなくても、笑顔でいる事はコミュニケーションとして大切な要素ですよ。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする