家賃の更新料は分割できる?払えないときの3つのやり方・対処方法を紹介!

スポンサーリンク




アパートやマンションなど賃貸物件に住んでいると、約2年ほどの周期で更新時期が訪れます。

この更新時期の1~3ヶ月前になると、不動産会社や大家から更新契約書とともに更新料の振込用紙が届き賃貸更新料を支払わなければなりません。

しかし、さまざまな事情により更新料が支払えない場合はどうしたら良いのでしょうか?

そこでここでは、賃貸更新料をすぐに払えない場合はどうしたらよいのか、また分割払いや支払いを待ってもらうことは可能なのかなどについて述べていきたいと思います。

スポンサーリンク


賃貸更新料がすぐ払えない場合は分割できる?その対処法は?

賃貸更新料の支払いが近付いてきた際、手持ちのお金がない、またどうしても足りないといった状況になってしまう可能性は十分に考えられます。

そうなった時にはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、賃貸更新料がすぐ払えない場合の4つの対処法を見ていきましょう!

1)更新料を分割支払いにできるよう相談する

更新料の分割支払いがOKになるかどうかは、不動産会社や大家さんの判断に委ねられます。

基本的に更新料は家賃と同じように一括で払うものなので分割払いは難しいかと思いますが、お金がなくてどうしても無理という場合は、一度不動産会社や大家さんに相談してみましょう。

2)更新料支払日を遅らせてもらう

更新料の支払い期日は法的に明確な決まりはないので、どうしても支払期日までにお金が用意できない場合は、一度不動産会社や大家さんに更新料支払日を遅らせてもえるかどうか可能か確認をしてみましょう。

数日であれば融通を利かせてくれることもあります。

3)家族や知り合いに相談する

更新料の支払いに困った場合は、両親や兄弟または友人といった身近な人に相談してみてはいかがでしょうか。

場合によっては、一時的に更新料を立て替えてもらえる可能性もあります。

もちろん、借りたお金は必ず返す必要がありますし、身近な人にお金の相談をする際は人間関係に悪影響が出ないよう慎重にしなければなりません。

どうしても更新料が払えないのであれば、素直に相談してみるのも手段のひとつと言えるでしょう。


4)金融機関からお金を借りて更新料を支払う

身近な人からお金を借りることにためらいがある方は、金融機関からお金を借りて更新料を支払うという方法もあります。  

もちろん、金融機関からお金を借りた場合は、利息を上乗せして返済する必要があります。

ですから最終的には、滞納している家賃以上の金額を金融機関に返済しなくてはなりません。

しかし、金融機関からの借入は自分自身の責任で行えるので、家族や知り合いに迷惑をかける心配はいりません。

賃貸更新料が払えないとどうなる?

賃貸更新料が払えないとどうなるのかという事に関しては、ケースバイケースであると言えるでしょう。

例えば、年数が経過し古くてあまり人気のない物件の場合は、すぐに次の入居者の確保が見込めないようであれば、大家や不動産会社に相談することによって更新料の分割に応じてくれたり、支払いを伸ばしてくれたりすることもあるでしょう。

しかし最悪の場合、契約解除、つまり引っ越さなければならなくなる可能性もあるので、十分注意しましょう。

スポンサーリンク


賃貸更新料はきちんと払いましょう。

賃貸更新料は毎月の家賃と同様、きちんと支払わなければなりません。

しかしどうしてもお金が準備できない場合は、大家や不動産屋に支払いを待ってもらったり、また分割払いをお願いすることを検討してみましょう。

また知人や金融機関からお金を借りなくてはいけない場合もあります。

ただどんな手段であれ、賃貸更新料はきちんと払うようにしましょう。

もう一つ考えられるのが一定の周期でやってくる更新料を毎月貯金しておくというのも有効です。

お金をためていくのは難しいかもしれませんが、この方法が一番健全で確実な対策といえるかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする