手に職を持ちたい!30代の女性にピッタリな職種とは?そのメリットも紹介!

スポンサーリンク





結婚や出産など人生の節目に訪れる生活環境の変化に伴い、女性は一度ついた仕事から離れなければならない場合があります。

そんな時、今後も何らかの仕事を続けられるように、手に職を持ちたいと考えたことのある女性も多いのではないでしょうか?

そこでここではそんな方のために、手に職をつけることによるメリットや30代の女性におすすめの仕事などをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


30代の女性が手に職をつけることによるメリットは?

手に職をつけるとは、ある特定の技術や知識、資格などを習得し、それを生かして専門的な職務能力が必要とされる仕事につくことを指しています。

手に職があれば職場側からしても採用されやすく、また優遇されやすいと言われています。

では、手に職があることによって具体的にはどのようなメリットがあるのか以下でみていきたいと思います。

自分の持つ能力をアピールできる

手に職をつけるメリットとしてまず挙げられるのが、就職や転職の際に自分の持っている能力を明確にアピールできる点です。

即戦力となりうる人材として採用される可能性も高くなりますし、資格を持っている場合であればなおさら信頼性が高まります。

また資格を習得している場合には資格手当てがつくケースもあり、より高い収入を期待することもできます。

仕事復帰しやすくなる

近年は結婚や出産後も働きたいという女性が増えています。

しかし特に子育てなどをした後に仕事復帰する場合などは、ブランクがありまた仕事を覚えなければならないという不安もあります。

そんな時、手に職があれば以前にしたことがある同じ仕事につくことも可能ですし、ブランクのため採用されにくいという事態を避けることができます。

つまり、手に職がある方の方が社会復帰しやすいということにもつながっていきます。


手に職を持ちたい!30代女性に最適な職種とは?

ここでは、30代女性が手に職をつける場合に最適な職種と思われるものをいくつかご紹介していきたいと思います。

医療事務

医療事務は、クリニックや病院などで医療に関わる事務や経理業務を行う仕事のことを言います。

一般的な会社の事務とは違い、医療事務は医療に関する専門的な知識が必要ですので医療事務の資格を持っていればよい待遇で働けることも多いようです。

医療事務に関する民間資格には「医療事務技能検査試験」や「診療報酬請求事務能力認定試験」などがあります。

また医療事務には子育て世代や子育てがひと段落した女性が働いている場合も多く、女性が働きやすいという点でもおすすめの職業です。

介護福祉士

介護福祉士は、お年寄りや身体の不自由な方をサポートするやりがいのある仕事です。

介護福祉士になるためには国家資格を取得する必要があり、国家試験の受験資格を得るためには3年以上介護などの業務に従事して実務者研修を終了して得る方法、または指定養成施設を卒業して得る方法などがあります。

身体介護だけではなく、利用者やその家族からの相談を受けるメンタルケア、また身の周りの世話をする生活支援もする仕事となっています。

販売登録者

販売登録者はチェーンのドラッグストアや医薬品を扱う小売業などへの就職が有利になる仕事です。

医薬品を販売出来るのは以前は薬剤師だけでしたが、薬事法の改正により一般用医薬品を販売できることができる資格として新たに設けられたのが販売登録者です。

実務経験がなくても誰でも受験でき、例えば主婦であれば夫の転勤などで住み場所が変わっても、資格を持っていれば再就職しやすくなる便利な資格となっています。

スポンサーリンク


まとめ

ここでは女性が手に職をつけることによるメリットや30代の女性におすすめの仕事などをご紹介してきました。

私の知り合いには「年齢を重ねてもできる仕事を選びたい」と言って、薬剤師の国家資格を取得した人もいます。

勉強は大変だった。とは言ったいましたが・・・

今後女性は、結婚や子育てによる環境の変化などにも対応できるような資格取得を考えておくのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする