男の子の名前を考えるポイントをご紹介!柔らかい響きにしたい場合は?

スポンサーリンク




子供が産まれたら、やはり親としては素敵な名前を付けたいと思いますよね。

名前を考えつける方法としては、ある意味や願いを込めたり、響きを重視したりとさまざな方法があります。

優しく穏やかな子供に育ってほしいと願うパパやママは、柔らかい響きの名前をつけたい、と考えることもあるのではないでしょうか?

そこでここでは、柔らかい印象の響きの名前について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク


男の子につける柔らかい響きがいい名前とは?

「響きがいい」と感じる名前は、その名前に使われている音や、音からどんなものが想像できるかといった点が重要となります。

ただ、人によって好みの響きや心地よいと感じる響きは違いますよね。

名前を考える場合は、まずパパやママが「こんな風に呼びたい、呼ばれたい」と思う響きを考えてみましょう。

柔らかい響きの名前をつける際のポイントは?

柔らかい響きの名前をつける際には、まず読みの響きを決めてから、それに合う漢字を選ぶ方法と、先に柔らかい響きの漢字を選んで、その漢字を使った名前を考える方法があります。

パパとママが好きな言葉の響きから名前を考えてもいいですし、好きな響きを持つ漢字から考えてもいいですね。

また響きだけでなく、漢字の意味にもこだわると、一段と印象的な名前になりますよ。

スポンサーリンク


男の子で柔らかい響きの名前・具体例は?

ここでは、男の子の柔らかい響きの名前の読みや漢字をいくつか具体的にあげていきたいと思います。

しゅんや 俊也・駿弥・春哉

そら 空・宇宙・蒼空

なお 直央・ 南朋・尚・七生

はると 一温・晴人・春翔

ふみや 文哉・ 和弥・歩未也

まいと 真弦・舞翔・磨絃

ゆうや 裕也・雄哉・優哉

同じ読みでも、さまざまな漢字がありそれぞれ意味が違っていますよね。

名前の響きは、その人の第一印象を決める大切な要素のひとつともなります。

パパとママの好きな響きや好きな漢字を使って、柔らかい響きの名前をつけてあげましょう。

またどんな子供に育ってほしいか、どんな人生を歩んでほしいかを考えながら、名前を考えることも大切です。

子供が大きくなって、名前の由来を話してあげるのもよいですよね。

子供の名前をつける際に注意するべき点は?

ここでは、子供の名前をつける際に注意すべき点について挙げていきたいと思います。

①必ず「人名用漢字」を使う

子供の名前をつける際には、実は使える漢字が決められています。

必ず「常用漢字」か「人名用漢字」に掲載されている漢字を使うようにしましょう。

また、普段から使っている漢字でも名付けには使えない漢字もあります。

名前を決める際には、あらかじめネットなどで調べておくとよいでしょう。

また、常用漢字も人名用漢字も更新されていきます。

第一子の時に使えなかった漢字が第二子の時には使えるようになっていたりするので、使いたい漢字がある場合はしっかり調べてからつけるようにしましょう。

②名字とのバランスも考える

名前をつける際には、名字とのバランスも考える必要があります。

一般的に、長い名字の人は短めの名前、短い名字の人は長めの名前の方がバランスが良いとされています。

特に男の子は結婚しても名字が変わらない場合が多いので、バランスには十分気を付けてあげましょう。

③思いつかない時は発想を変えてみる

名前がどうしても思いつかない場合は、発想を変えてみましょう。

使いたい漢字にこだわっていたり、必要以上に字画数を気にしていると名前を付けることが難しくなってしまいます。

例えば親や兄弟、姉妹と関連した名前や、生まれた季節や場所にちなんでつけるのもよいでしょう。

また、子供への親からの願いを込めた名前や、自分が尊敬する偉人や有名人の名前にするなど、さまざまな方法がありますよ。

スポンサーリンク


さいごに

今回は男の子の柔らかい響きの名前や、名前をつける際に気をつけるべき点などについて述べてきました。

また、いい名前だと思って付けたとしても、あまりにもキラキラネームっぽい時には一度考え直してみてくださいね。

名前は子供にとって、親からの最初の贈り物です。

パパとママがよく相談して、よい響きの名前をつけてあげてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする