上司を納得させる退職理由とは?トラブル無しのスマートな伝え方もご紹介!

スポンサーリンク




転職またはさまざなな理由により今の職場を退職することを決めたのに「会社を辞める決意をしたけど、上司にどう伝えればよいかわからない?」「上司に退職をスムーズに納得してもらうにはどうすればよいの?」こんな風に悩んでいる方は実は意外と多いのではないでしょうか?

出来ればトラブルや波風を立てずに穏便に済ませたいですからね!

ここではそんな悩みを持つ方のために、上司を納得させる退職理由やスマートな伝え方、またいつまでに退社の意志を伝えればよいかなどについて述べていきたいと思います。

スポンサーリンク


トラブルなく上司を納得させる退職理由とは?

退職理由は人それぞれであり一概には言えません。

しかし「会社での自身の待遇に対して」または「職場での人間関係などに対して」など何かしら不満があって退職を決意される方も多いのではないでしょうか?

しかし、それらを退職理由として上司にストレートに伝えるのはよくありません。

なぜなら不平不満などを上司にそのまま伝えるとトラブルが発生する可能性があり、さらに部署の移動や配置換えなどを提案され、引き留められる可能性が高くなってしまうからです。

ですので退職理由はあくまで当たり障りのない、なるべく前向きな内容のものを伝えるとよいでしょう。

退職理由3つの例!

「自分のキャリアアップのために、これまでの経験を生かして新しい環境で自分の力を試したい」

「以前から○○の業界で働きたいという夢があり、挑戦してみたい」

「起業して一から頑張ってみたい

などというように前向きな理由を伝え、今の職場にいては目標を達成できない旨を告げれば引き留められる可能性も少なくて済むと考えられます。

しかし、上司の中にはこのように退職理由を伝えても引き留めてくることもあるかもしれません。

そんな時に大切なのは、あくまで自身の退職の意志を納得してもらえるまで貫くことです。

引き留められても折れない強い意志を持って上司に伝えるように心がけましょう。

スポンサーリンク


退職の意志はいつまでに伝えておけばよいの?

実は退職理由を上司伝える際は、タイミングも非常に重要となります。

法律的に言うと、退職する2週間前までに退職する旨を申し出ればよいとされていますが、これはあまり現実的ではありません。

業務の引き継ぎなどを考えると、遅くても1~2ヶ月前には直属の上昇に退職の意志を伝えるようにしましょう。

できれば会社の繁忙期は避け、可能であれば退職者が多い12月や年度末の3月であれば引き継ぎの作業もスムーズに進みやすくなりますので、その時期を選ぶとよいかもしれません。

会社のことを考え余裕を持って伝えることで周囲のこともしっかり考えてくれているなと思われ、上司にも納得してもらいやすくなるはずです。

退職の意思は上司に必ず口頭で伝える!

これも重要なことですが、退職の意志は上司にメールや電話ではなく、必ず口頭で伝えるようにしましょう。

そのためには上司との面談の時間を調整し、時間を取ってもらうように手配しておくことも必要です。

もしかしたら面談は一度ではなく何度かする必要が生じることも考えられます。

ですので上司に説明する退職理由や手続きなどについても、あらかじめある程度準備しておくことも大切です。

スポンサーリンク


まとめ

社会人にとって退職や転職は人生における大切なターニングポイントとなります。

ですから上司への退職理由の説明や伝えるタイミング、また伝え方なども非常に重要となってきます。

「立つ鳥後を濁さず」ということわざもあるように、会社を退職する際には引き継ぎをしっかり行い周りの迷惑をかけず円満退社できるように心を配りましょう。

その心配りが、きっと次の転職先でも生かされるはずです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする