待ち合わせに遅刻しそう!到着後の正しい謝り方と謝罪の言葉とは?

スポンサーリンク





誰かと待ち合わせをした場合、時間厳守はもちろん遅刻なんて言語道断と言う方もいるかもしれませんが、やむを得ない理由で遅刻してしまうこともないとは言い切れませんよね。

そこでここでは、万が一待ち合わせに遅刻した場合の正しい謝り方や、謝罪の言葉について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク


待ち合わせに遅刻!メールで謝罪する場合は?

もし待ち合わせに遅刻してしまうと確信した場合は、遅刻がわかった時点で早めに連絡するのがよいでしょう。

相手も電車などで移動中であることを考えると、電話よりメールの方がよい場合もありす。 

では、どんな内容を遅刻することを伝えれば良いのでしょうか。

まず注目したいのは【メールのタイトル】です。

遅刻する時は、、どんなタイトルをつけて送るのが適切なのでしょうか。

「遅刻します」といったストレートなタイトルでももちろん良いのですが「大変申し訳ありません」というように最初に謝罪の気持ちを表すと、相手の気持ちも和らぎます。

その後に「10分遅れます」といった具体的な内容を書いていき理解を求めましょう。

待ち合わせに遅刻して到着した際の謝罪の仕方とは?

遅刻が許されるかどうかの大きな要素に「約束を大事に思っていたことを伝える」というのがあります。   

決して待たせた相手や約束を軽んじていたわけではないということを相手に伝える努力をしましょう。

待ち合わせ場所まで走って急ぐなど、申し訳ないという気持ちを表情で表現するのも忘れないようにすることが大切です。


待ち合わせに遅刻した際の謝罪の言葉は?

たとえどんな事情があったとしても、待ち合わせ場所についたら第一声は謝罪の言葉、そして相手を思いやる言葉から始めましょう。

例えばこんな風に切り出します。

「遅れて申し訳ありません! こんなところで待たせてしまってすみませんでした。寒かったですよね。実は○○インターの事故の影響で高速が大渋滞で……」

遅刻がどんなにやむを得ない状況だったとしても、事情を説明する際には謝罪の言葉や相手を思いやる言葉がとても大切です

ビジネスで待ち合わせに遅刻した際、会社の上司に「なんで遅れたんだ!」と怒鳴られても、理由を答える前にまずは謝罪の言葉を述べて誠意を表しましょう。

遅刻した際に使える!意外な言葉とは?

遅刻した際には同様に気持ちも焦ってしまい、とっさにうまく言葉が出てこない場合もあります。

そんな時に使えるのが「よりによって」という言葉です。

遅刻を謝罪する際に「よりによって」という言葉を入れるようにしてください。

「よりによってこんな大切な打ち合わせの日に遅刻してしまって」 

「よりによって○○さんとの約束に遅れてしまうなんて」など、よりによってという言葉を入れると、相手を大事に思っている気持ちが伝わりやすくなります。

遅刻した際に相手の怒りが収まらない気持ちの裏には、自分との約束を軽んじられたという気持ちがあります。

相手と良好な関係を継続したいのであれば、どれだけ大事に思っているかを伝えることに心を砕きましょう。

遅刻しないための方法とは?

やむを得ない場合もあるかもしれませんが、待ち合わせへの遅刻は、友達の信用だけでなくビジネス面では社会的信用も失いかねません。

遅刻を改善するには、早めの行動を心掛けたり、時間通りに行動する癖をつけるなどの心がけが大切です。

オーソドックスですが、遅刻しがちな方は、時間を厳しく管理することが一番です。

なるべく早め早めの行動を心掛けるようにしましょう。

例えば朝なかなか起きられないという方は、目覚まし時計を時間差で2個用意するというのも効果的です。

この時。一度立ち上がって歩かないと手が届かない位置に時計があれば、自然に起きるようになりますよ。

スポンサーリンク


まとめ

遅刻しないことが一番ですが、やむを得ず待ち合わせに遅刻してしまう場合は、相手にメールで伝えておく、誠意を持って謝罪することを心がけましょう。

待たせてはいけない相手の場合は特に、明らかに遅刻しそうなときは、待ち合わせ時間になる数分前に遅れることを伝える、電話・メールやlineをする。といったことで対処できるケースも多いです。

相手を思いやった行動をとることが遅刻だけでなくミスをした時の最大の対策ともいえるでしょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする