防水スプレーの危険性は高い?吸い込んだ際の危険な症状とは?

スポンサーリンク





防水スプレーは、スプレーすると洋服や靴、カバンなどを水汚れから守ってくれる大変便利な道具です。

また防水の他にも汚れが付きにくくなる効果もある為、雨や雪の日などにも大活躍してくれますよね。

しかし一部の報道によると、実は防水スプレーの成分を吸い込むと肺機能に支障が出るという話もあるようです。

そこで今回は、防水スプレーを吸い込むとどのような危険性があるか、その原因と万が一の時の対策について述べていきたいと思います。

スポンサーリンク


防水スプレーの危険性は?便利なはずの防水スプレー、しかし…

お気に入りの靴や服、カバンなどを雨で濡らさないため、防水スプレーを日常的に使用しているという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

実は私もお気に入りのカバンが濡れないように防水スプレーを使ったり、また冬にはブーツに使うと水を弾いて汚れもつきにくくなるので重宝しています。

ただある時、防水スプレーを使った際に成分を吸い込んでしまったため呼吸困難などに陥る事故が増えているというニュースをたまたま耳にしました。

防水スプレーは日常的に使用しており、まさか吸い込んで呼吸困難になるなんて今まで考えたこともなかったので、このニュースを聞いた時は結構ショックでした。

また、20代の女性が靴を購入し自宅マンションで防水スプレーを使用した数時間後に高熱が出て呼吸困難になったという報告もあるようです。

この女性は元々呼吸疾患などを患っていたわけではなく、今までと同じように使用していて急に呼吸困難になったということでした。

あなたも例外ではないかもしれない・・・

そう考えると、誰にそんな症状が急に現れてもおかしくなく、もちろん自分も例外ではないのだなと考えると少し怖くなってしまいました。

高熱と呼吸困難に陥ったこの女性は、最終的に過敏性肺炎と診断され、酸素吸入や肺洗浄といった処置を受け9日間も入院したそうです。

過敏性肺炎とは、毒性を持たない物質を繰り返し吸い込んでいるうちに肺が過剰反応を示すようになり、肺胞がアレルギー性の炎症を起こしている状態のことを言います。

防水スプレーでまさかこんな病気になるなんて想像もつきませんよね。

そこで次では、防水スプレーで呼吸困難に陥る原因とその症状、また対策などについて述べていきたいと思います。


防水スプレーで呼吸困難に陥る原因は?

防水スプレーで呼吸困難になる原因としては、防水スプレーの撥水成分に含まれているフッ素樹脂やシリコン樹脂、石油系溶剤ヤメチルエチルケトン、酢酸エチル、アルコールなどに溶解した物質などが考えられます。

例えば吸い込んだフッ素樹脂やシリコン樹脂が肺に付着することで呼吸がうまく行えなくなり、呼吸困難などの症状を引き起こすのではないかと考えられています。

ですから防水スプレーを使用する際には、室内ではなくベランダや庭など屋外に出て、直接吸い込まないように風向きに十分注意して使用した方がよいでしょう。

防水スプレーを吸い込んだ際の危険な症状とは?

防水スプレーを直接吸い込むと危険であることは分かりましたが、では具体的には一体どのような症状があるのでしょうか。

防水スプレーを吸い込んで呼吸困難に陥った場合、過敏性肺炎や化学性肺炎、低酸素血症などと診断されることがあるようです。

また人によっては発熱や吐き気、息切れなどを感じる方もいるようですよ。

化学性肺炎とは、肺に有毒な物質を吸い込んだ場合に発生する肺の炎症です。

さらに低酸素血症になると、症状として呼吸困難や意識障害、視力障害や言語障害といったものが見受けられます。

防水スプレーを使用する際の対策は?

防水スプレーを使用したことのある方には、もしかした使用後に息切れしやすいと感じたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合は、やはり防水スプレーの使用する際の環境の見直しが重要であると言えます。

呼吸困難に陥ることを防ぐため、防水スプレーを使用する際にはマスクを着用したり、屋外に出て風向きに注意しながら使用することをおすすめします。

また防水スプレーだけではなく、紫外線カットの衣類用コーティングスプレーでも同様の症状が出る可能性があるため注意が必要です。

スポンサーリンク


さいごに

今回は防水スプレーの危険性や呼吸困難に陥る原因、また対策についてご紹介してきました。

防水スプレーは正しく使えば洋服や大事に使いたいものを水から保護してくれる非常に便利な道具です。

屋外で使用したりマスクをするなど成分を吸い込まないよう工夫して、正しい使い方で安全に使用するようにしましょう。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする