共働きでの子育て!無理なくこなす為に使いたいサービス【5選!】

スポンサーリンク




共働きや核家族化が当たり前になっている現代では

昔とは子育ての在り方が変わってきています。



祖父母の援助を受けられない家庭や

お母さんひとりで仕事も子育てもこなす

ワンオペ育児が多くなっています。



今回は少しでも無理のない子育てをする為に

ぜひ知っておいて欲しいサービスについてご紹介します。


共働きでの子育て!無理なくこなす為に知っておきたいこと

共働きで子育てをする場合

様々なサービスを知っておくといざという時とても便利です。


・病児保育

病児保育施設とは、子供が病気にかかってしまった際に

保育士が子供の状態に合わせた適切な保育看護を行う場所です。



通常の保育園や幼稚園では病気の子供を

登園させることが出来ない為

仕事を休めない共働き夫婦にとっては

とても便利なサービスですね。



定員に達した場合は子供を預けることができないので

あらかじめ複数の病児保育室に登録しておくと良いでしょう。


・ファミリーサポート

ファミリーサポートは急な仕事や

病気の子供を保育園に迎えに行くことが出来ない親の代わりに

協力会員が代行をしてくれるといった子育てサポートサービスです。



市町村が運営しており、料金は自治体によって異なります。



前もって会員登録をしておく必要があり、その際に面接が行われます。


・ベビーシッター

自宅に来てもらって子供のお世話をして欲しい場合は

ベビーシッターというサービスがあります。



こちらは民間の会社が運営するサービスなので

しっかりとベビーシッターの身元確認を行っているか

信頼できる会社なのかを見極める必要があります。



ベビーシッターと同時に家事代行サービスを行っている会社もありますよ。


・家事代行サービス

掃除や料理をプロに任せる家事代行サービスもおすすめです。



料金は1時間2000円程からあり

徹底した掃除は普段の掃除時間が短縮されるというメリットもあります。


・宅配サービス

仕事の帰りや休日に買い物に行くのも大きな負担ですよね。



宅配サービスを利用することで

買い物に行く手間を省くことができます。



生鮮食品や重たい調味料など

現代ではありとあらゆるものを通販することができます。


子育てが辛い時に相談できる場所

子育てについて悩んでいても

なかなか気軽に相談できる相手がいないという方は多いと思います。



そんな時に受けられるサービスもあります。


・子育て無料相談

住んでいる地域の福祉課に尋ねると

子育て相談を案内してくれます。



施設に行くことができなくても電話口で無料で相談に乗ってくれる

ので困っていることがあったら相談してみてください。


・エンゼル110番

妊娠中から就学前の子供を持つお母さんなら

誰でも無料で相談することができる森永乳業の運営するサービスです。



相談時間の目安は30分程となっています。


・明治赤ちゃん相談室

こちらは明治の運営する40年以上続く無料のサービスで

栄養士や経験豊富な相談員が様々な相談に乗ってくれます。


・日本保育協会のママさん110番

社会福祉法人の日本保育協会が運営するこちらのホットラインは

専門的なお悩みにも的確なアドバイスをしてくれます。


・子育て・思春期・更年期、女性のあらゆる相談室

こちらは日本助産師会の運営するサービスで

育児のことだけでなく、女性の性や生殖に関わる

健康問題についてなど、幅広い分野で相談することができます。


まとめ

育児も家事も頑張りすぎてしんどくなっていませんか?



子育てするお母さんを支援する

様々なサービスがありますので

疲れた時はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。



仕事や子供が病気になった時だけでなく

お母さんがリフレッシュしたい時に

サービスを利用することも可能ですよ!



実際に使わなくても、登録だけしておくと精神的に凄く楽になると思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク