男の子の名前を二文字で!カッコいい読みの名前をご紹介!

スポンサーリンク





生まれた赤ちゃんへのパパとママからの最初のプレゼントといえば「名前」ですよね。

しかし名前をつけるのは予想以上に難しく、男の子の名付けで困っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

一人目はもちろんですが、さらに二人目、三人目となると「今度はどんな名前にしよう?」と悩んでしまいますよね。

そこで今回は、男の子の名前を二文字読みにしたい場合の名前のつけた方を例を挙げてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


男の子の漢字二文字の名前は読み方もかっこいい!

日本人にもっとも多い苗字は、実は二文字だということをご存知でしょうか?

二文字の苗字には、一文字・二文字・三文字のどの名前も合わせやすいですが、いちばん安定した印象をもたらすのは漢字二文字の名前と言われています。

男の子の名前は生涯変わることなく使う方がほとんどです。

苗字に合わせた、個性あふれる名前やシンプルな名前、その時の人気の漢字を取り入れた名前を考えたりと、男の子の名前を考えるだけで嬉しくなってきますよね。

男の子の名前を考える際の読み・響きなどの気をつけるポイントとは?

以下では、男の子の名前を考える際のポイントについていくつか挙げていきたいと思います。

ポイントその①読みの響きを考える

男の子の赤ちゃんにかっこいい名前をつけたい場合は、まず響きから考えることをおすすめします。

名前の響きがしっくりくるかを確認してから漢字を決めるようにすることによって、名前に愛着を持ちやすくなるようです。

名前の漢字には古風な印象の漢字や今風の漢字もありますので、男の子の赤ちゃんにつけたいと思うかっこいい漢字を選びましょう。


ポイントその②どういう風に育ってほしいか考える

パパやママは、男の子の赤ちゃんにどう育ってほしいと考えているでしょうか。

それによって名前のつけ方も変わってきます。

特に、漢字にはそれぞれいろいろな意味が込められていますのでどう育ってほしいのかによって漢字を考えてください。

同じ男の子の名前でも、何を願っているのかによって漢字が異なります。

また文字数が増えるごとに組み合わせる漢字のバリエーションが増えるので、たくさん名前の候補を挙げましょう。

ポイントその③将来のことを考える

最近ではキラキラネームと言われている名前を男の子の赤ちゃんに名付けるパパやママがが増えてきています。

しかし、男の子が将来大人になった時に、その名前が本当にかっこいいかをよく考えてみてください。

男の子が赤ちゃんの時にはかっこいい名前かもしれませんが、大人になった時には恥ずかしい名前になっているかもしれませんよね。

ですでの時流に左右されないような、男の子らしい名前を選びましょう。

二文字でカッコいい男の子の名前をご紹介!

ここでは、元気な感じのする名前や古風な印象を与える名前をいくつか挙げてみたいと思います。

①元気な感じの男の子の名前

元気(げんき)

俊介(しゅんすけ)

健人(けんと)

春樹(はるき)

翔馬(しょうま)

明彦(あきひこ)

海星(かいせい)

龍星(りゅうせい)

俊也(しゅんや)

隼人(はやと)

そのまま「元気」という漢字を当てても良いですし、人気の漢字である「翔」「隼」「星」などの漢字を使用しても男の子らしくてよいですよね。

②古風な印象を与える男の子の名前

大和(やまと)

桜貴(おうき)

薫堂(くんどう)

久次(ひさつぐ)

武蔵(むさし)

獅門(しもん)

静馬(しずま)

和成(かずなり)

真幸(まさき)

京佐(きょうすけ)

古風な男の子の名前はかえってあまり人とかぶらず、男の子らしさもよく現れているので、男らしく育ってほしいと考えているパパやママにはおすすめですよ。

スポンサーリンク


さいごに

名前は一生使うものであり、きっとこれから生きていく中で数えきれないほどその名前で呼ばれることがあるでしょう。

男の子の名前を考える際には、響きやどういう道を歩んでほしいか、また将来のことも考えて、皆に愛される呼びやすい名前をつけてあげてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする