女の子に可愛い響きの名前を付けたい場合の3つの実例とポイントは?

スポンサーリンク




待ちに待った女の子の赤ちゃんが産まれたら「可愛い女の子になってほしい」「誰からも愛される女性になってほしい」という願いを込めて、やっぱり女の子らしい可愛い響きの名前をつけたいですよね。

そこで今回は、女の子の可愛い響きの名前の実例や、名前をつける際に気をつけるべき3つのポイントについて述べていきたいと思います。

スポンサーリンク


女の子の可愛い響きの名前・3つの例をご紹介!

可愛い響きの名前と一言でいっても、実にさまざまな種類があります。

ここでは、実際に女の子の名前の例を挙げてみたいと思います。

①あえて『こ』の付く名前を付ける

今はとても少なくなった『こ』で終わる3文字読みの名前は古風さもあり、昔ながらの可愛らしさを感じますよね。

もちろん定番の漢字『子』でもよいですが『胡』『湖』『恋』『心』などの漢字にすれば、現代的な印象かつ古風な可愛い響き名前となります。

いくつか例を挙げると「あいこ・あさこ・あこ・さえこ・さやこ・ちやこ・なつこ・ななこ・ひなこ・」などがあります。

②可愛らしさがある『はな』の付く名前

1文字漢字で表記すると『花』『華』『曄』『英』など『はな』と読む名前にもさまざまな種類があります。

『か』ではなくあえて『はな』と呼ばせることで、さらに女の子らしい響きになりますよね。

『はな』の付く名前をいくつか挙げてみると

「みはな・こはな・はなみ・はなか・ちはな・はなめ」などとなっています。

スポンサーリンク


③女の子の憧れ『ひめ』『ひな』の付く名前

多くの女の子が憧れるお姫様や、お雛様をイメージした名前も響きがよく可愛らしいですよね。

『ひめ』『ひな』の付く名前をいくつか挙げると

「ひめ・ひめみ・ひめり・ひめき・ひめな・ひめの・ひな・ひなこ・ひなな・ひなか・ひなり・ひなめ・ひなの」などがあります。

女の子の名前をつける際に気をつけるべき3つのポイントとは?

ここでは、女の子の名前をつける際に気をつけたい点について述べていきたいと思います。

①画数に気をつける

命名といえば、姓と名前の総画数を気にするパパやママもいることでしょう。

総画数には社会運、健康運、家庭運が関係しています。

女の子の場合は総画数が16、23、32が大吉数と言われ、非常に強い画数だとされています

しかし女の子の場合、結婚して名字が変わる事がほとんどなので、そこまで気にする必要はないでしょう。

それでも気にするという方は、結婚するまでの間だけでも画数を守るのも良いでしょう。

②姓と名前のバランスを考える

やはら名前をつける際には、姓と名前のバランスも大切ですよね。

例えば姓が一文字なら名前を三文字にしたり、姓が三文字なら名前は二文字にしたりと工夫を凝らしてあげましょう。

③気を付けなければならない漢字がある!

実は女の子の名前をつける場合、気をつけなければならない漢字があるのをご存じでしょうか。

例えば『流』『深』『海』『波』といったような、清らかなイメージのある水が起源となっている漢字が入っている名前は『水のように流されやすい』と言われ、こういった漢字は特に女の子の名前としてつける際には避けた方がよいとされています。

また『未』という漢字が入った名前も『未だ来ない』という意味があり、縁起が悪いという話もあります。

さらに四季のつく名前や花の名前なども『移り変わり、散る』という暗示があり、名前につけるのは避けた方がいいとされています。

絶対につけてはいけないということはありませんが、これらの漢字はできれば避けた方がよいでしょう。

名前を考えるのも楽しみのひとつ

女の子の名前を考えるのは大変ではありますが、パパやママにとっては楽しみのひとつでもありますよね。

名前をつける際のポイントにきをつけながら、可愛い響きの名前をつけてあげてくださいね。

スポンサーリンク


さいごに

今回は女の子に可愛い響きの名前を付ける際のポイントをご紹介してきました。

①あえて『こ』の付く名前を付ける

②可愛らしさがある『はな』の付く名前

③女の子の憧れ『ひめ』『ひな』の付く名前

と言ったことが実例としてポイントになります。

生まれてくる女の子が少しづつ大きく成長していく過程でその名前を呼んでいる。そんなイメージを感じながらしっくりくる名前を付けてあげてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする